「睡眠時間」より「眠りの質」

 

「睡眠時間」より「眠りの質」

睡眠時間は誰もが気になるところでしょう。
個人差もありますし、単純に多くとればいいというものではないようです。
なぜかというと、それは、脳の使い方や、人の性格、ほかにも、
そのときの精神状態によっても変わってきます。

 

4時間くらいの睡眠で十分寝たという人もいるでしょうし、
9時間以上は寝ないと次の日がつらいという人もいるでしょう。

 

睡眠時間は、昼間に眠気がなく、日常生活をきちんと送れていれば、
何時間でもかまわないようです。
普段からストレスが多い人は、睡眠時間も多くなってしまうので、気をつけて見てみましょう。

 

でもそうなると、今はストレス社会ですから、
睡眠時間の平均も以前と比べれば高くなってきているんですかね。

 

それはさておき、4時間以内の人は要注意です!
死亡率が通常より跳ね上がるそうですよ。
あえて数字を出すとしたら、目安としては一日平均7時間くらいだそうです!

 

でも、睡眠の時間よりも、眠りの質の方が大事ってことですね!
自分にとって、何時間の睡眠時間がベストなのか、
これもまた根気よく統計をとってみたらよさそうですね!
日々の精神状態でも変わってきますので、
寝る前くらいは同じ精神状態にできるようリラックスできる時間をもちましょう。

「睡眠時間」より「眠りの質」関連エントリー