寝室を快適に

 

寝室を快適に

ぐっすり眠るためには、寝室にもいくつか大事な点があります。

 

まず、快適な温度および湿度を保てるようにしましょう。
眠る数時間前には、寝室の冷暖房を入れて温度管理をします。
もちろん、冷暖房がない場合は、腹巻きなどを活用するなど、工夫すれば冷暖房がなくても大丈夫です。

 

次に布団です。
誰でも、寝ている間はコップ1杯分の汗をかくといいますよね。
布団はもちろん乾燥した方が、汗を吸収してくれるので、いい睡眠につながります。

 

晴れた日には、数時間でも干せるといいですが、
仕事などで干す時間がない場合は、布団乾燥機を有効活用しましょう。
布団乾燥機もなければ、とにかく布団に風がとおるよう工夫しましょう。
敷きっぱなしだと、昨晩の寝汗が残っています。湿った布団は少しでも乾燥させるだけで違います。

 

その布団ですが、今は色んなタイプがあります。
お店の人によく聞いたり、各メーカーの特徴を調べるなど自分に合う布団を選びましょう。
布団の選び方は重要です。腰痛や肩こりの原因にだってなるんですからね。
柔らかすぎず、硬すぎず、自分の身長や体重を見ながら選びましょう。

 

布団はすぐに買い換えることができない場合は、
枕から先に見直すといいかもしれませんね。
シーツや枕カバーを毎日取り替えると、
落ち着いて眠りにつけたりもしますよ。

寝室を快適に関連エントリー