早朝覚醒とは

 

早朝覚醒とは

寝つきは良く、すぐに眠れるが、朝早く目が覚めてしまう。

 

これも、誰もが経験したことが、あるでしょう。
目が覚めてしまって、時計を見たら、まだ午前4時だったこと。
もう一度、眠ろうとするが、眠れなくなってしまうこと。
ありますよね。
毎日このような繰り返しであることを、早朝覚醒といいます。

 

うつの初期症状とも言われているので、気をつけたいものですね。
ただ、一般的には、体力の低下から、睡眠の質が悪くなっていることが考えられます。

 

体温の調節もうまくできなかったり、脳の休息がなかなかできないために
活動のリズムまでくずれてくるのです。

 

朝方になると、電車の音で目覚めてしまう。
工事現場の音で、起こされてしまう。
などという、環境によるものも、もちろんあることでしょう。

 

ただ、ずっと早朝覚醒の状態が続くと、身体にも悪影響を及ぼしますので、
ぜひカウンセリングを受けたり、
寝室環境を変えてみるなどの、工夫をしたいものです。

 

カーテンの種類も豊富ですし、
防音効果がなくったって、いくらでも手軽に音を遮断するグッズもあります。
起きてもいい時間だと、多少早くたって、
早朝ランニングに行くなど、その環境に自分が合わせることだっていいのです。
もちろん、睡眠時間は減らさないよう、
早めに布団に入ったりしましょうね。

早朝覚醒とは関連エントリー