熟睡困難とは

 

熟睡困難とは

睡眠時間は、たっぷりとった時でも、
翌朝、眠り足りなかったり、疲れがたまっていることは、よくありますよね。

 

熟睡したという満足感がないのです。
これは、睡眠が中断されたり、浅い眠りのときに起こっているのです。

 

まず、枕を見直してみましょう。
これだけで、ずい分と違うハズです。
次に、大切なのは布団。

 

体に合った布団を選ぶことは、最優先に考えたいものです。

 

つぎに、もう一度、睡眠時間を見てみましょう。
年齢とともに、あちこち変化を感じることは多々あることでしょう。
睡眠にしても同じなのです。
これは誰にでも起こることなのです。

 

忙しい毎日だと、脳だって、夕食とったあとの数時間では、そう簡単にリラックスできません。
そこで、睡眠時間を長くしてみるのです。
食事も、胃腸に優しいものにしてください。

 

若いときとは、すべてにおいて違うのです。
それを、十分に認識し、今できることを始めてください。

 

布団にも寿命があります。
高くたって、何年先まで考えれば、そう高いものでもないかもしれません。
年齢が高くなればなるほど、
責任なども変わってくることでしょう。
ストレスは、なるべくためないように心がけましょう。

 

目が覚めたからといって、起き上がって何かをしないことです。
明日できるものは明日したっていいですよね。
心と体を、ゆっくり休めましょう。
そうすれば、色々なことが効率よくできるかもしれません。

熟睡困難とは関連エントリー