入眠困難とは

 

入眠困難とは

不眠症は、睡眠障害といわれ、いろいろなタイプのものがありますが、
その一つが入眠困難です。

 

入眠困難は、夜、布団に入っても、なかなか眠りに入ることができないことを言います。

 

一般的に、まわりの環境に急な変化があったり、
精神的にショックを受けたことが原因となっている場合が多く、
適応反応に伴う不眠だといわれています。

 

「今日も眠れないな〜」という、とぎれとぎれの不眠から始まり、
「また今日も眠れない」と悩んだり、不安な気持ちが続いたりと色々なことが重なって、
本格的な不眠症になることも少なくありません。

 

眠れないから、起きてテレビを見たり、本を読んだりしてしまいがちですが、
それは逆効果になりますので、お気をつけください。

 

このような、精神的なものが原因となるものは神経症からくる不眠症です。
「眠れない、どうしよう」と考えず、かといって、起き上がってテレビを見るなどせず、
眠れなくても大丈夫だと、無理に眠ろうとしないことが大切です。

 

ただ、考えこんでしまうようであれば、本を読んだっていいでしょう。
とにかく、無理に眠ろうとしないことの方が大切です。

 

いつの間にか、眠れるようになってくるハズです。
睡眠とは、自然にそうなるものですから。

入眠困難とは関連エントリー